編集集団WawW! Publishingが編集協力した『ハッタリの流儀』の発売を記念して、著者の堀江貴文さんからの寄稿です。



「自分の時間」と「他人の時間」

いつも「忙しい、忙しい」と言っている人がいる。残業続きで有給も取れず、土日も出勤。会社の言いなりになって働いていれば、どんどん仕事は増えていくだろう。 

しかし、仕事の量で言えば、僕だって負けてはいない。僕はメールマガジン『堀江貴文のブログでは言えない話』に近況を書いているが、読者から「堀江さん、そんなに忙しくて大丈夫ですか?」とよく聞かれる。当の僕としては、忙しいと思うこともあるけれど、そんなにたくさん仕事をしているつもりはない。

同じ時間働いていても、「忙しくて大変」と感じる人と「さほどでもない」と感じる人がいる。この二人、一体何が違うのだろうか。答えは簡単。前者は「他人の時間」を生きていて、後者は「自分の時間」を生きているのだ。 

僕は「自分の時間」を生きることで毎日を満たしている。自分のことで忙しいのだから、全く苦しくない。どんなに忙しくても、むしろ楽しくてしかたないのだ。 

グルメ店舗を紹介するサービス『TERIYAKI』のプロデュースをしているため、美味しいものを食べるのも仕事のひとつだ。飲み会で多くの人と知り合い、そこからさまざま企画が生まれた。また、「人狼」というゲームを楽しんでいるうちに、人狼ゲームの舞台を主催することになったし、人狼ゲームアプリの監修も務めた。 

「自分の時間」を生きていれば、楽しい毎日を送ることはそう難しくない。むしろ、忙しいことが幸せになっていく。ところが、「忙しいから不幸だ」と感じている人が非常に多い。この不幸は、忙しいことから起こるのではなく、「他人の時間」に縛られてしまうから起っているのだ。 

僕の場合、多くのプロジェクトに携わっているため、毎日朝から晩までびっしり予定が詰め込まれている。休む暇など、もちろんない。しかし、そんな状況になっていくほど、新しいアイデアを次から次へと思いついてしまう。そして、また新しいプロジェクトが立ち上がる。僕が忙しいのは、ある意味自分のせいなのだ。 

スケジュールは常にパンパン。しかし、僕の体感としては、そんなにたくさん仕事をしているようには思わない。どの仕事も楽しんで携わっているし、すべてが充実しているから、あまり忙しいという感覚にならないのだ。 

また、イヤなことはやらないようにしているというのも、大きな要因だ。やりたくない仕事はそもそも受けないし、業務上発生する面倒な作業は、すべて最適化・効率化している。好きなことだけやっていれば仕事が回るように、環境を整えているというわけだ。 

よく「好きなことをやったほうがいい」と言われるが、これは、好きなことであれば、毎日の積み重ねを努力だと感じずに楽しくこなせるからだ。好きでもないことを「やらねばならぬ」と歯を食いしばってやっていたのでは、苦しくて当たり前。ちょっとした失敗で、心も折れてしまうだろう。ところが、本当に好きなことなら、心が折れることなく、ハマり続けることができる。 

最初からうまくいく人など存在しない。面白いと感じること、好きなことを追いかけて、ハマり続ける。こうすることで、ちょっとやそっとの努力では他人が真似できないような独自のスキルを身につけることができるのだ。 


人生から「ワクワクしない時間」を消していけ 

「自分の時間」を生きるために最も大事なこと。それは、一日二十四時間の中から「ワクワクしない時間」を減らしていくことだ。 嫌な仕事は、やっていても楽しくない。効率は悪くなるし、能力だって発揮できないだろう。嫌な仕事など抱えていては、大量のプロジェクトを動かしていくことなど、到底できない。 

僕は今、ホテル暮らしをしている。掃除や洗濯などの家事は、一切やらない。これは別に、家事などせずに仕事に集中しろという話ではない。僕が掃除にハマっているなら、喜んで掃除をするだろう。しかし僕は、掃除に対してちっともワクワクしないのだ。限りある時間を、そんな無駄なことに使ってはいられない。だから僕は「やることリスト」の中から、「掃除」という項目を削除した。 

どうやら日本には「家庭のことは自分でやるべきだ」という変な社会通念がまかり通っているようだ。家政婦やベビーシッターを頼むことをよしとしない風潮がある。やりたくもない家事に消耗し、育児ノイローゼになったり、介護で人生を犠牲にしたりするなんて、バカバカしいにもほどがある。それならば、金で解決してしまったほうがずっといいではないか。 そして浮いた時間を、自分が「ワクワクすること」で埋めつくそう。 

僕もあなたも、一日の持ち時間は平等に二十四時間だ。それなのに、なぜ僕は好きなことばかりやっていられるのか。それは、自分がワクワクすること、ゾクゾクすること以外のすべてを、人に任せているからだ。 

僕は非常にせっかちなタイプである。しかし、面白いことにだったら、何時間でも集中できる。重要なのは、「絶対時間」ではなく「体感時間」のほうなのだ。 

誰にでも経験があるだろう。好きな人とデートをしている時は、あっという間に時間が過ぎる。その一方で、朝礼やつまらない会議に出ている時は、なかなか時計が進まない。 僕は、後者のような「体感時間の長い」予定は、自分の人生からどんどん排除していった。 

一度、自分の一日のタイムスケジュールを書き出してみるといい。二十四時間のうち、ワクワクしないことにどれほどの時間を費やしているか。そのことに気づいたら、ワクワクしない時間を減らしていこう。 


つまらない人、ウザい人とは付き合わない

それができたら次は、つまらない人、ウザい人、「自分の時間」を平気で奪うような人とは、意識的に距離を取ることだ。「自分の時間」を生きるためには、「ワクワクしない時間」を減らすのと同じくらい、「付き合わない人間」を明確にすることが大切である。

どうでもいい人となんとなく付き合い、心にもないお世辞を言ったり、愛想を振りまいたりしている間に、人生なんて終わってしまうのだから。 自分がやりたいことを次々と実現していきたいのなら、「自分の時間」を奪う人間と付き合ってはいけない。

あなたは、周囲からの批判を恐れ、「他人の時間」を生きてしまってはいないだろうか? やりたくないことはやらない。付き合いたくない人とは付き合わない。自分が今、「自分の時間」を生きているのか、「他人の時間」を生きているのか。このことにもっと敏感になるべきだ。 

他人の目を気にするあまり、「自分の時間」を生きられない人が多すぎる。限りある人生なのだから、「自分の時間」を無条件で他人に譲り渡すようなことがあってはならない。 「他人の時間」を生きるなんて、自分の人生に対してあまりに失礼な態度ではないか。 


「自分の時間」を売ってはいけない

あなたはいま、働くことと我慢することは表裏一体だと思っていないだろうか。そして、給料を、我慢したことへの対価だと思ってはいないだろうか。もしそうだとしたら、人生は確実につまらないものになっていく。我慢料としてお金を受け取っていたのでは、仕事を嫌いになり、お金に偏見を持ってしまう。 

仕事というのは、人生で最も多くの時間を投じるもののひとつだ。その仕事を我慢の時間にしてしまうなんて、どう考えても間違っている。 

多くのサラリーマンが、自らの「労働」ではなく、費やす「時間」をお金に換えている。とりあえず定時に出社して、昼食を三〇分ですませ、さほど忙しくもないのにサービス残業をする。定時で退社することに、なんとなく気が引けるからだ。自らの大切な時間を差し出すことで「こんなに頑張っていますよ」と周囲にアピールし、給料をもらう。 

もし、時間が無限に与えられているのであれば、なんの問題もない。好きなだけ時間を切り売りすればいいだろう。しかし、そうではない。時間は有限である。老いも若きも男も女も、国籍や貧富の差にも関係なく、どんな人にとっても一日は二十四時間だし、一年は三六五日なのだ。だから当然のこと、残業に時間を費やせば、その分プライベートな時間が失われていくことになる。 

自分のプライベートを削ってまで残業していたのでは、どうしたって、仕事に縛られいると感じたり、お金に縛られていると感じたりしてしまう。これは「労働」ではなく「時間」を差し出している人に、必ずついてまわる問題だ。 

自分の時間を差し出すことで、月に一度、自動的に給料が振り込まれる。そんなもの、仕事と呼ぶことはできない。第一これでは、ちっとも楽しくないだろう。サラリーマンであろうとも、自らの給料を稼ぎ出しているという意識を持たなければならない。 

人生が豊かになっていかない根本的な原因は、「時間の使い方」にこそある。自分の時間を無条件に他人に搾取される環境においてはいけない。結局、高いスキルや能力といった時間以外のリソースを持っていない状況が、そもそもの元凶なのだ。 

ここまでの話を聞いた上で、

「でも……、今はまだ条件が整っていないから『自分の時間』ばかりを生きるのは無理そうだ…… 

そう思った人に朗報がある。 

そういう人でもこれから贅沢に「自分の時間」ばかり生きられるようになる方法のすべてを、『ハッタリの流儀』の中に全部書いた。人生をうまくいかせるには、まずは気づいた人だけが知っている、ちょっとしたコツを知る必要があるのだ。(堀江貴文)



※堀江さんの寄稿文を随時更新していきます。
新着情報はこちらから

https://twitter.com/masumasu_o

編集協力:編集集団WawW! Publishing 乙丸益伸、ライティング:稲田和絵( https://book-writer.com/profile